カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

テーブル、
一机多用。

男の椅子

少ない持ち物でゆたかに暮らす――。 モノ・モノでは、もう30年以上そんな提案を続けています。 キーワードは“一机多用”。ダイニングテーブルを食事だけではなく、 くつろぎのスペースとしてに活用できれば、大きなソファが不要になり、 限られた空間をすっきり、広々と使うことができます。

一机多用に適したテーブルの高さは61cmがベスト。 標準的なダイニングテーブルより約10cmほど低いサイズです。 それにあわせる椅子は、座面が思いっきり広くて 高さはやや低め(座面高38cm前後)のほうが気分がいい。 なぜなら靴を脱いで暮らすのが日本人だから―。 工業デザイナーの秋岡芳夫が唱えた身度尺の考えを、 モノ・モノはいまも忠実に守り続けています。

トヨさんの椅子

秋岡芳夫とモノ・モノが
提言する低座の暮らし

いまのLDKの家具の数、多すぎます。一つでもいいから減らして広々と住みましょう。まずテーブル。ダイニング用とリビング用とをわけないで一つで兼用しましょう。高さが61~63センチの大きめのテーブルなら「一机多用(いっきたよう)」。食事・団らん・お客・一杯・書きもの、すべてが一つで間に合います。

そのテーブルに高さを合わせて、座面高38センチ前後で、肘がなくて座のクッションが硬目の椅子を選べば、この椅子も「一椅多用(いっきたよう)」。リビングにもダイニングにも兼用できます。この一机多用なテーブルと一椅多用な椅子を組み合わせて使うことで、部屋がぐんと広くなります。

一椅多用に使う椅子の座は思いきり広いのがいい。「座布団ぐらいないとゆっくり腰掛けてられないよ」と、十数年大きな椅子でくらして来た経験から、ぼくは椅子を買う相談に来た人に教えています。「バーのカウンターの腰掛けみないなんじゃあなくて、ご飯も大きな椅子でたべた方がおいしいんだ」と。

昼間ぼくたちはとても忙しい。満員電車で通勤し、会社でちょこまかと働いて、その間ずっと「ちいさな椅子」に腰掛けずくめ。あの小さな椅子は疲れます。ですから夜、家に居るときぐらい「大きな椅子」でゆっくりした一刻をすごしたい。食事を体を休ませながらいただきたい。夜は、昼間のような小さな椅子には座りたくありません。

文:秋岡芳夫 「暮らしのデザイン」新潮社より