カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
秋岡芳夫・組み合わせて使える親子の椅子(セット)
226,800円(税16,800円)
各バリエーションの価格一覧
座面カラー
購入数

秋岡芳夫・組み合わせて使える親子の椅子(セット)
226,800円(税16,800円)

親子の椅子

3台連ねるとベンチになる、ユニークな椅子

秋岡芳夫デザインの名作「あぐらのかける男の椅子」の姉妹品がこちら。大小3つの椅子からなるダイニング用のベンチです。

男の椅子との違いは座面の形。こちらは椅子同士を連結できるよう座面が菱形になっています。また、アーム(肘掛けと背もたれ)の形も、組み合わせを考えてカーブがゆるやかになっており、全体的に細くなっています。

写真のように大小の椅子を組み合わせると、親子が仲よく肩を並べて座ることができます。1人だと横向きに脚を伸ばして座ることもできますし、小柄な人なら膝を曲げて仮眠をとることもできます。

有閑の主婦が昼間に寝転ぶのにぴったりだということで、当初は「女の椅子」と呼ばれていました。しかし、時代の流れにそぐわなくなり「親子の椅子」と改称されました。


親子3人で座る

親子の椅子(大)は、あぐらや横座りにより適している

3台を連ねて使うことを前提にデザインされた親子の椅子ですが、セットではなく単品で使っているユーザーも少なくありません。じつは親子の椅子(大)には「男の椅子」にないメリットが2つあります。

ひとつはあぐらがかきやすい点。これは男の椅子に比べて座面の奥行きが3cm長く、ひじ掛けが左右に開いているためです。もうひとつは横座り(正座が片側にずれた形の座り方)がしやすい点。これはアームのカーブが男の椅子と比べてゆるやかで、なおかつ座面が菱形になっているためです。つまり、床座に慣れ親しんだ人にとってより使いやすいデザインとなっているのです。

ちなみに親子の椅子(小)もコンパクトですが、座面の奥行きが46cmあり、末広がりの形になっているため、あぐらをかくことができます。背もたれは簡易的な作りですが、腰椎の部分をサポートするように高さを調整してあるので、思いのほか快適に座ることができます。

親子の椅子で団欒

林業の町、北海道・津別町にある木工先端メーカーが製作

現在、この椅子の製作を担っているのは、北海道東部の網走郡にある山上木工。経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定された木工の先進メーカーです。コンピュータ制御の高精度な工作機械をいち早く導入する一方、木工家・高橋三太郎氏の指導の下、職人の手業も培ってきました。

本体の材料には、山上木工が長年かけて収集してきた希少な北海道産ナラ材を使用。無垢材の手触りや経年変化を楽しめるよう表面には、ドイツ・クライデツァイト社の高品質な植物性オイルを丹念に塗り込んであります。

座面の張り地には汚れのつきにくいポリエステル100%の生地を使用。カラーは全9色から選べます。受注生産品のため、ご注文からお届けまで30~45日ほどかかります。なお、本セットは2個口での発送となるため、送料の一部をお客様にご負担いただいています(全国一律税別2,000円・島しょ部をのぞく)。


親子の椅子身長別比較
身長別の使用イメージ。左:身長178cm、中央:身長165cm、右:身長159cm。

サイズ

親子の椅子サイズ

座面カラーは以下の9色から選べます。


親子の椅子座面カラー
秋岡芳夫

秋岡芳夫(あきおか・よしお)

工業デザイナー

1920年熊本県宇城市生まれ。東京高等工芸学校卒業。1953年にデザイン事務所 KAKを設立。消費社会の到来にいち早く警告を発し、“立ち止まったデザイナー”を名乗る。消費者から愛用者へ、工作人間、裏作工芸などといった持論を展開し、日本各地で手仕事を通じた地域再生に尽力した。東北工業大学工学部教授、共立女子大学生活美術学科教授を歴任。1997年没。


デザイナー
秋岡芳夫
製造元
モノ・モノ
素材
本体:天然木(ナラ材・オイル仕上げ)
張り地:ポリエステル100% クッション:ウレタンフォーム
座面カラー
9色(ベージュ、サンドベージュ、ライトブラウン、グレー、ネイビー、オレンジ、レッド、グリーン、ダークブラウン)
サイズ
大:幅75×奥行き57×高さ60cm(座面高36cm)
小:幅55×奥行き50×高さ59cm(座面高36cm)
セット全体幅:161cm
重量
大:約5.5kg 小:約5.0kg
製造国
日本
納期
30-45日

注意事項
※天然木のため、木目や色合いが一点一点異なります。
※オイル仕上げの家具の特性として、長時間水滴が付着するとシミになることがあります。
※木材が反るのを防ぐため、エアコンやファンヒーターの近くでの使用はお控えください。
※メーカー直送品のため、代引き決済はご利用できません。
※本ページで販売しているのは、2017年6月から生産を再開した新タイプです。旧タイプとの違いは、「価格改定と仕様変更のお知らせ」のページでご確認ください。

この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています