カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
工業デザイナーの柳宗理が設計したスツールのリ・デザインモデルです。サイドテーブルとしても使えます。
柳工業デザイン研究会・柳 三角スツール(SH440)
53,900円(税4,900円)
各バリエーションの価格一覧
座面カラー
購入数

柳工業デザイン研究会・柳 三角スツール(SH440)
53,900円(税4,900円)
柳三角スツール

サイドテーブルとしても使える、便利なスタッキングスツール

おむすびのような愛らしい座面の形が特徴のスツールです。初号は工業デザイナーの柳宗理(1915-2011)が設計し、1997年にBC工房から発売されました。本作は柳工業デザイン研究会の監修の下、座面の高さや材質をリ・デザインし、モノ・モノが復刻したものです。


丸みを帯びた三角形の座面と、安定感のある太めの3本脚は、柳の代表作のひとつ「エレファントスツール」を彷彿させます。このリ・デザインモデルは、一般的な食卓にあわせて座面の高さを44cmにアップ。さらにサイドテーブルとしても使えるように、座板を耐水性と抗菌性を備えたリノリウム(100%自然素材の化粧板)に変えることで、より機能的な椅子へと進化しています。

細部にいたるまで考えぬかれたデザイン

柳宗理デザインの特徴はデザインプロセスにあります。コンピューターを使わず、石膏や木材で原寸大の模型を作り、実際に手に持って確かめることで、使い勝手を徹底的に検証。原寸大の模型を何度も修正しながら完成度を高めていきます。製品によっては開発に5年以上かかることもあったといいます。

そんな柳デザインのこだわりがうかがえるのが、座枠(座面を支える枠)の部分。角張った部分や直線部分が一切なく、すべて有機的なカーブを描いています。このため座ったときも、手で持ったときも手触りがとてもソフトなのです。さらに座枠の裏側をごらんいただくと、刃物でえぐり取ったかのような凹みがあります。これは積み重ねて収納したときに、座面の間に指を差し入れて椅子を持ち上げやすくするための配慮。このように細部に至るまで検討が重ねられています。

柳三角スツール

本作の製作を担っているのは、北海道東部の網走郡にある山上木工。東京オリンピック・パラリンピックのメダルケース製造を手がけるなど、コンピュータ制御の高精度な工作技術で定評があります。

本体の材料には、山上木工が長年かけて収集してきた希少な北海道産ナラ材を使用。無垢材の手触りや経年変化を楽しめるよう表面には、ドイツ・クライデツァイト社の高品質な植物性オイルを丹念に塗り込んであります。


座面カラーは、レッド、ネイビー、ライトブルーの3色をご用意。受注生産品のため、ご注文からお届けまで60日ほどかかります。


柳工業デザイン研究会

柳工業デザイン研究会(YANAGI DESIGN OFFICE)

柳工業デザイン研究会は、1953年に柳宗理によって設立されました。柳のデザイン理念のもと、新しいデザインのほか、復刻の監修やデザイン啓蒙・教育活動を行っています。創設者の柳宗理は、「バタフライスツール」「エレファントスツール」をはじめ、数多くの作品を生み出した工業デザイナーとして著名です。


復刻監修
柳工業デザイン研究会
製造元
モノ・モノ
素材
本体:天然木(オイル仕上げ)、仕上げ材:リノリウム(天然樹脂)
座面カラー
ネイビー、レッド、ライトブルー
サイズ
幅400×奥行き368×高さ440mm
重量
約2.6kg
製造国
日本
納期
60日

注意事項
※受注生産品のため、ご注文後のキャンセルはお受けできません。
※天然木のため、木目や色合いが一点一点異なります。
※オイル仕上げの家具の特性として、長時間水滴が付着するとシミになることがあります(座面をのぞく)。
※木材が反るのを防ぐため、エアコンやファンヒーターの近くでの使用はお控えください。
※メーカー直送品のため、代引き決済はご利用できません。
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています

INSTAGRAM