カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
目黒区美術館編『秋岡芳夫ーモノへの思想と関係のデザイン』
2,618円(税238円)
購入数

目黒区美術館編『秋岡芳夫ーモノへの思想と関係のデザイン』
2,618円(税238円)
秋岡芳夫

2011年に目黒区美術館で開催された回顧展の図録を書籍化

秋岡芳夫の膨大かつ多岐にわたる仕事を時系列で紹介、活動の変遷をビジュアルで俯瞰できます。秋岡氏の活動は「童画家時代」「工業デザイン時代」「グループモノ・モノの時代」「裏作工芸の時代」「竹とんぼの時代」の5期に分けられますが、それぞれ貴重な写真や資料が数多く収録されています。プロローグと巻末には秋岡芳夫と親交の厚かった関係者の寄稿文も収録。秋岡芳夫ファンには必携の一冊です。


目次

ごあいさつ
山下三郎 遊・学の人生デザイン
山中俊治 秋岡の手の中にあった小宇宙
向井周太郎 戦後日本のデザインと秋岡芳夫 デザインの内的発展へ向けて
索引年表
I 子どものための大人
II 工業デザイン時代ーKAKデザイングループ
消費者から愛用者へー作り手と使い手を結ぶ、生活への提案
地域とて仕事ー裏作工芸のすすめ
道具考ーモノの図書館構想
嗜好と思考のトレーニング
秋岡 陽 秋岡芳夫の創り方 余は如何にして秋岡芳夫になりし乎
臼井新太郎 秋岡芳夫とKAKデザイングループ
小畑廣永 FD中小企業デザイン機構初期事業から104会議室 実業としての工業デザインの基礎作業を果たして、ことばをそえた工業デザインの展開への移動を試みる秋岡芳夫
時松辰夫 秋岡さんが地域社会に残したもの
山口泰子 秋岡芳夫とモノ・モノのことー沢山の種を
舛岡和夫 秋岡芳夫と第三生産技術研究室
降旗千賀子 紐とかれた箱
秋岡芳夫 略年譜
主要文献ー秋岡芳夫とその活動に関して
出品目録


著者
目黒区美術館編
発行元
美術出版社
サイズ・ページ数
B5判・220ページ
発行年
2012年4月15日
ISBN-13
978-4568504651

この商品を購入する

INSTAGRAM