カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
REPAIR

金継ぎ修理サービス

陶磁器の金継ぎ

当店では金継ぎによる陶磁器の修理を幅広くお受けしています。金継ぎとは、漆を使って陶磁器の割れや欠け、ひびなどを補修し、金属の粉をまぶして加飾する、古くから日本で親しまれてきた修理の技法です。ふちが欠けてしまった茶碗や、数片程度に割ってしまったお皿なら、金継ぎをすることでよみがえり、日常的に使えるようになります。

修理は漆芸家の町田俊一さん(本ページ下部に略歴あり)が担当します。町田さんは日本工芸会正会員で、モノ・モノ(当店の実店舗)の金継ぎ教室の講師も務めているエキスパート。一点一点手作業で修復するため、1ヵ月ほど納期をいただきます。器の状態によって料金が異なります。以下の注意事項をご確認の上、お問い合わせフォームからまずは見積をご依頼ください。

修理例

料金の目安(税別)

1.フチ欠け補修(1ヵ所) 3,300~円
2.ヒビ割れ補修(1ヵ所) 4,000~円
3.継ぎ合わせ(2~3片) 4,000~円
4.継ぎ合わせ(3片以上) 6,600~円(見積)
5.急須やティーカップの取っ手接合 5,300~円(見積)

※上記1~4はご飯茶碗を代用金粉で修復した場合の金額目安です。器のサイズや破損の状態により料金は異なります。

  • フチ欠け補修
  • ヒビ割れ補修ヒビ割れ補修
  • 継ぎ合わせ(2~3片)継ぎ合わせ(2~3片)
  • 急須やティーカップの取っ手接合マグカップの取っ手接合

修理担当者のご紹介

町田俊一さん

町田俊一(漆芸家)

1951年東京都生まれ。千葉大学工学部工業意匠学科卒業。同大学大学院修了。在学中に漆芸家の音丸香氏に師事。1978~2012年まで岩手県工業技術センター勤務。在職中に「浄法寺漆器の復興」に関する論文で博士号を取得。産地振興と浄法寺生漆の活用に関する研究を長年行う。2014年町田俊一漆芸研究所を設立。日本工芸会正会員。角川学芸出版『漆工辞典』執筆メンバー。

ご注文からお届けまでの流れ

  1. 1.修理内容の確認

    お問い合わせフォームより、修理したい陶磁器の種類と状態をお伝えください。確認後、当店よりメールを差し上げます。そのメールに返信する形で、修理品の状態がわかる写真を何枚かお送りください。修理代金を無料でお見積いたします。
    ご指定がない場合、代用金粉(アルミの超微粒子を金メッキした粉)を使用します。銀で継ぎたい場合、骨董の器や抹茶碗等を純金で継ぎたい場合は、その旨お書き添えください。
  2. 2.お客さまよりご依頼品の送付

    見積金額でご了承いただけましたら、修理品を当店へお送りください。恐れ入りますが、送料はお客様でご負担をお願いします。実店舗への持込をご希望の場合は、あらかじめ来店日時を電話でお知らせください。
    <送り先>
    〒164-0001
    東京都中野区中野2-12-5 メゾンリラ104
    モノ・モノ 金継ぎ修理係
    電話:03-3384-2652
  3. 3.修理

    修理期間は1ヵ月ほどいただきます。現物確認後、見積金額よりも費用がかかることが判明した場合は修理着手前にご連絡します。再見積金額に納得いただけない場合はその時点でキャンセル可能です。金額了承後(修理開始後)のキャンセルはお受けできません。
  4. 4.修理済み品のお届け

    代金引換にて修理済み品を返送します。代引き手数料は330円(税込)です。返送料は660円(税込・全国一律)です。
お問い合わせフォームへ

INSTAGRAM