カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
山田光・白磁艶消し徳利&ぐい飲み
4,200円(税311円)
購入数

山田光・白磁艶消し徳利&ぐい飲み
4,200円(税311円)

1960年代初頭に発表されて以来、形を変えることなく制作されているロングセラー作品です。

デザインを手がけたのは山田光。戦後まもなく京都で八木一夫や鈴木治らとともに前衛陶芸家のグループ「走泥社」を結成。焼き物による立体造形を追究してきた陶芸家です。

山田光は1923年に東京で生まれ、関東大震災の混乱を避けるため岐阜市に疎開します。岐阜市内の中学校を卒業した後は京都高等工芸学校(現・国立京都工芸繊維大学)に入学。陶芸家の父(山田てつ)のもとで修業を積みます。当初は中国古陶磁の写しなどに取り組んでいましたが、やがて伝統的な焼き物の技法を応用したオブジェ(立体造形)の制作に挑戦するようになります。

一方で実用的なクラフト作品も多く発表していて、自宅工房に「門工房」を開設。新時代のクラフトの創造を目指して「現代工芸協会」を結成。走泥社の東京展では毎年クラフト展が併催されていました。

ダイナミックなオブジェとは対照的に、山田光が手がけた一連のクラフト作品は、静かで飾り気のない美しさに満ちあふれています。このくみだしも代表作のひとつ。ミニマルなデザインですが、あたたかみがあり、飽きることがありません。

この徳利とぐい飲みは卵のようなやさしいフォルムと乳白色のぽってりした風合いが特徴。手のひらの中でいつまでもなでていたくなる作品です。時代を超えて愛され続ける名作クラフトで晩酌を楽しんでみませんか。徳利とぐい飲み2個のセットで販売します。


作者
山田光
サイズ
[徳利]直径約6.5×高さ約12cm
[ぐいのみ]直径5.7×高さ4.2cm
重量
[徳利]約110g
[ぐいのみ]約40g
容量
[徳利]約150ml(8分目で計測)
[ぐいのみ]約50ml(8分目で計測)
製造国
日本

注意事項
※掲載品は店頭にも陳列しています。売り切れの場合はご容赦ください。
※釉薬の特性上、色合いが一点一点微妙に異なります。
この商品を購入する