カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
石川漆宝堂・根来塗三つ組椀
12,960円(税960円)
各バリエーションの価格一覧
カラー
購入数

石川漆宝堂・根来塗三つ組椀
12,960円(税960円)

石川県・山中漆器の職人が手がけた入れ子の三つ組み椀です。名前の通り、大中小三つのお椀とフタがセットになっています。大サイズには具だくさんのお味噌汁、中サイズにはご飯、小サイズに香の物やちょっとしたおかずをよそって、一人分の食事がこのセットひとつでまかなえます。

三つのお椀は入れ子状にコンパクトにしまえるので、収納の場所を取りません。高台のないデザインですが、木製なので熱いものをよそっても器がそれほど熱くならず、手にすることができます。小サイズにヨーグルトやフルーツなどを盛り付けたり、中サイズでシリアルを食べたりと、高台のないモダンなフォルムなので和食はもちろん洋食にも合います。大サイズは深さがあるので、シチューやお茶漬けなどにもおすすめです。

また、近ごろ話題になっている、“一汁一菜”という食事にもうってつけです。一汁一菜とは「ご飯を中心とした汁と菜(おかず)、その原点をご飯、味噌汁、漬物とする食事の型」のこと。忙しい現代人の生活で、手間をかけずに健康的な食事をしたいという人たちに支持されています。

本場の山中漆器の職人が手がけたものだけに、作りも手が込んでいます。器の表面をよく見ると、凹凸の筋目が彫られています。これは乱筋(らんすじ)という技法で、ろくろで回る木地に刃物を当てては離し、また当てることをくり返すことで、筋目を渦巻き状に仕上げています。手作業で行うため、一点一点表情が異なるのも魅力です。器が深くなるほど、内側に刃物を入れるのは難しく、この技術を持つのは山中漆器にいるたくさんの木地師の中でも一握りだそうです。
      
同じ形で黒も販売しています。結婚祝いやひとり暮らしを始めるお子さんへのプレゼントにも最適です。まずはお椀から一汁一菜の暮らしをはじめてみませんか。


作者
石川漆宝堂(山中)
素材
天然木(漆塗)
サイズ
(収納時)
直径13×高さ6.5cm
(個別サイズ)
大:直径13×6.5cm 容量:約350ml(8分目まで)
中:直径12×5.5cm 容量:約270ml(8分目まで)
小:直径10.5×5cm 容量:約200ml(8分目まで)
重量
約260g
製造国
日本

注意事項
※食器洗浄機や乾燥機には使用いただけません。

この商品を購入する